日産と昭和シェル、EV用急速充電システムを開発へ…太陽光を活用

自動車 ビジネス 企業動向
日産と昭和シェル、EV用急速充電システムを開発へ…太陽光を活用
  • 日産と昭和シェル、EV用急速充電システムを開発へ…太陽光を活用
昭和シェル石油と日産自動車は19日、昭和シェルの次世代型CIS太陽電池と日産の最新型車載用リチウムイオンバッテリーとを組み合わせた、電気自動車(EV)用急速充電システムを共同開発すると発表した。

共同開発は、経済産業省による「2009年度電気自動車普及環境整備実証事業(ガソリンスタンド等における充電サービス実証事業)」の委託事業の一環として実施する。

今回、昭和シェルと日産が共同で開発検討する急速充電システムは、再生可能エネルギーである太陽光を最大限活用し、走行時だけでなく、発電時においてもCO2などの排出ガスをゼロとすることを目指す。完全なゼロ・エミッション車としてのEVの普及に役立つシステムとし、さらにリチウムイオンバッテリーを利用することで、停電時にも電力の供給が可能な災害対応機能を持たせ、地域住民の災害拠点としての役割を担わせる。

また、系統電力への負荷を軽減(負荷平準化)し、小規模契約電力でも導入が可能なシステムの開発を目指す。

次世代型CIS太陽電池とリチウムイオンバッテリーを組み合わせた急速充電システムの技術は将来、住宅での利用や大規模太陽光発電所(メガソーラー)への応用も見込まれる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集