ヤマハ09年中間期決算…当期損益が747億円の赤字に転落

自動車 ビジネス 企業動向
ヤマハ発動機が発表した09年6月中間期の連結業績は、世界的な不況の中、先進国を中心としたレジャー商品の需要動向が悪化し、売上高は前年同期比33.3%減の5793億9300万円となった。

二輪車事業は、北米や欧州の売上げ減、為替換算の影響もあって売上げが同27%となったほか、マリン事業も欧米で低迷、同41.9%減、特機事業は米国での四輪バギーの販売減などの影響で同51.3%減となった。また、自動車エンジンやサーフェスマウンターの売上げも低迷した。

利益面では、徹底的な経費削減、緊急コスト削減プロジェクトの推進、設備投資圧縮に伴う減価償却費の抑制を実施したものの、販売の減少、来期の生産規模確保のための徹底的な流通在庫圧縮へ向けた減産に伴う限界利益減少の影響もあり、営業損益は338億2700万円の赤字、経常損益は368億8200万円の赤字となった。

中間期損益は業績悪化に伴う繰延税金資産の取崩しの影響もあり、747億円の赤字となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ネイチャースポーツの不振と子供の理科離れ 画像 ネイチャースポーツの不振と子供の理科離れ
  • ホンダが2輪、4輪とも今期販売計画上方修正 画像 ホンダが2輪、4輪とも今期販売計画上方修正
  • 新車販売、3ブランドで前年上回る…7月ブランド別 画像 新車販売、3ブランドで前年上回る…7月ブランド別
  • 日本舟艇工業会の長谷川会長「マリンスポーツの活性化のためにイベントを」 画像 日本舟艇工業会の長谷川会長「マリンスポーツの活性化のためにイベントを」
  • ホンダの近藤副社長「米市場はやがて1400万-1500万台に戻る」 画像 ホンダの近藤副社長「米市場はやがて1400万-1500万台に戻る」

特集