富士通テンのHVシステム制御用ECUが プリウス に採用

自動車 ニューモデル 新型車
富士通テンは、「ハイブリッド(HV)システム制御用ECU」がトヨタ自動車の3代目『プリウス』に搭載されたと発表した。

HVシステム制御用ECUは、HV車の特徴であるエンジン出力とモータ出力を車両負荷や走行状態等に応じて最適配分するとともに、減速時に走行エネルギーを電気として蓄える機能を制御する装置で、車両の燃費向上に寄与する。

環境規制への適合に向け、各自動車メーカーからハイブリッド車が投入されるのに伴い、HVシステム制御ECU市場も拡大基調にある。すでに、同社HV ECUも、トヨタのレクサス『GS』ハイブリッドに始まり、同『LS』ハイブリッド、トヨタ『クラウン』ハイブリッドに採用されている。

3代目プリウスに搭載されたHVシステム制御ECUは、ECUそのものの軽量・小型化を図ったこととこれまでの実績が高く評価され、採用された。同社製は3代目プリウスのうち、北米・メキシコ・韓国向け車両に搭載される。ECUはデンソーとの共同開発で、デンソーは国内・欧州向け車両を担当する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【レクサス HS250h 発表】東レが環境配慮型材料を開発、内装に採用 画像 【レクサス HS250h 発表】東レが環境配慮型材料を開発、内装に採用
  • 【レクサス HS250h 発表】グッドイヤー エクセレンスが標準タイヤに採用 画像 【レクサス HS250h 発表】グッドイヤー エクセレンスが標準タイヤに採用
  • ベクタージャパン、車載ECUを机上でテストできるI/Oモジュールを発売 画像 ベクタージャパン、車載ECUを机上でテストできるI/Oモジュールを発売
  • LOSSO-9 とは何だ? アフター市場にある沃野…セミナー申し込み受付中 画像 LOSSO-9 とは何だ? アフター市場にある沃野…セミナー申し込み受付中

特集

おすすめのニュース