【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ

自動車 ニューモデル 新型車
【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ
  • 【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ
  • 【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ
  • 【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ
  • 【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ
  • 【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ
  • 【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ
  • 【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ
  • 【D視点】保守本流のデザイン…BMW 7シリーズ
1
ブランドアイデンティティ確立への一歩

5代目新型BMW『7シリーズ』は、5mを超えるボディサイズと、2t近い重量感からか、フラグシップセダンらしいオーラを発している。しかし、約30年の歴史があるにもかかわらず、7シリーズはブランドが今一歩明確になっていないので、新型への期待を特別に大きくしている。

ボディサイズは先代とほとんど変わらないが、ホイールベースは80mm長くなっている。また、エンジンの大きさも20%以上コンパクトにしながら、10%強のトルクアップと燃費の向上を図っている。フラグシップセダンに相応しい乗り心地追求だけではなく、省エネ時代に対応する姿勢をも示しているようだ。

第一印象は、お洒落を特徴とする『6シリーズ』に近いにもかかわらず、押し出しの強いことだ。BMWの紋章である「キドニーグリル」が最先端に大きく位置し、部品類のグラフィックスに丸みを持たせたのが、功を奏しているようだ。また、ボディのインバース面も、ダイナミックでしなやかな感じを出すのに効いている。

先代は、革新的なオリジナリティで注目を集めたが、BMWらしからぬ走りで失望を誘ってしまった。新型は、フラグシップセダンらしい落ち着いたデザインと、屈曲路でリッターバイクを追い詰めるような機敏な走りを併せ持ち、ブランドアイデンティティ確立への一歩を踏み出したようにみえる。
《松井孝晏》

編集部おすすめのニュース

  • [動画]BMW 5シリーズGT…走りの世界 画像 [動画]BMW 5シリーズGT…走りの世界
  • 【ドイツ ミドルクラスセダン徹底比較】Eクラスと5シリーズをカタログスペックで比較 画像 【ドイツ ミドルクラスセダン徹底比較】Eクラスと5シリーズをカタログスペックで比較
  • 【ドイツ ミドルクラスセダン徹底比較】メルセデス EクラスとBMW5シリーズ製品担当に聞く、その魅力 画像 【ドイツ ミドルクラスセダン徹底比較】メルセデス EクラスとBMW5シリーズ製品担当に聞く、その魅力
  • 【BMW 5シリーズ 試乗】進化を重ね完成度に磨きをかけた…萩原秀輝 画像 【BMW 5シリーズ 試乗】進化を重ね完成度に磨きをかけた…萩原秀輝

特集