【スバル レガシィ 新型発表】大きくなったがシャープさ、スポーティさは忘れない

自動車 ニューモデル 新型車
【スバル レガシィ 新型発表】大きくなったがシャープさ、スポーティさは忘れない
  • 【スバル レガシィ 新型発表】大きくなったがシャープさ、スポーティさは忘れない
  • 【スバル レガシィ 新型発表】大きくなったがシャープさ、スポーティさは忘れない
  • 【スバル レガシィ 新型発表】大きくなったがシャープさ、スポーティさは忘れない
  • 【スバル レガシィ 新型発表】大きくなったがシャープさ、スポーティさは忘れない
  • 【スバル レガシィ 新型発表】大きくなったがシャープさ、スポーティさは忘れない
「新型『レガシィ』は相当広大なスペースがあり、ともすれば(開発中の)インテリアのデザインは凡庸となってしまいがちでした」とはスバルの商品企画本部デザイン部リードデザイナー、磯村晋さん。  

「この広さで豊かさは表現できましたが、凡庸なオジサン車だったりファミリーカーだったりしないのが、レガシィらしさだということと認識していましたので、シャープさやスポーティ性が欲しいと考えました」  

たとえば、グローブボックス上端やドアトリムにシャープなエッジを使って光と影のコントラストをつけることで一本引きしまったシャープさを出していこうとしている。  

また、「フロントシート背面も大きく緩やかなカーブを持たせました。作りの大きなシートでも乗り降りのしやすさ以外に、スポーティさをどうやったら出せるかということを考えた結果です。大きくなったけれどスポーティさは忘れない。そういうことを徹底してやりました」  

ボリュームは持っているが、シャープさやスポーティさは忘れない。内装のデザインにもそれが表れている。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集