ルノー日産アライアンス強化…生産・物流分野で435億円のシナジー

自動車 ビジネス 企業動向
ルノー日産アライアンス強化…生産・物流分野で435億円のシナジー
  • ルノー日産アライアンス強化…生産・物流分野で435億円のシナジー
  • ルノー日産アライアンス強化…生産・物流分野で435億円のシナジー
  • ルノー日産アライアンス強化…生産・物流分野で435億円のシナジー
日産自動車とルノーは、09年度に1800億円のシナジー効果創出に取り組むとしたアライアンスの強化を発表。現在ある工場の生産能力を最大限活用するために、生産施設の共有を強化する。

生産・物流分野で、3億6300万ユーロ(435億円)のシナジーを見込み、さらに連携を強化する。

両社は、2009年からルノーのブラジル工場で日産の車両を2車種生産し、日産の南アフリカ工場でルノーの車両を2車種生産しているが、2009年度末までには、合計11車種がこうした形でクロス生産される。

物流に関しては、特に欧州で、新たな部品センターや車両部品の共有、物流経路の標準化により、購買物流、出荷物流におけるさらなるコスト削減を図る方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集