【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】最新ハイブリッド、205万円から
トヨタ自動車は18日、3代目となる新型ハイブリッド『プリウス』を発表。同日より、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店の全トヨタ販売店を通じて販売を開始した。

新型プリウスは、「圧倒的な環境性能」と「走る楽しさ」のより高いレベルでの両立を目指し、システム全体の90%以上を新開発したハイブリッドシステム「リダクション機構付のTHS  II」を搭載。また、世界トップレベルの空力性能など車両全体でのエネルギー効率向上との相乗効果により、燃費性能38.0km/リットルを実現した。

さらに、標準の走行モードに加え、走行シーンにあわせて選べる3つのドライブモードや、「ソーラーベンチレーションシステム」をはじめとする先進装備を採用した。

プリウスは、1997年に世界初の量産ハイブリッド乗用車として発売以来、日本をはじめ、北米を中心に世界で40以上の国・地域で販売し、これまでの累計販売台数は125万台を突破(2009年3月末時点)している。新型は、日本を皮切りに、これまでのおよそ倍となる80以上の国・地域で、順次販売を開始する。

価格は、ベースグレードの“L”が205万円。月販目標台数は1万台。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集