前照灯の安全性向上に向け 国連協定規則を採用…国交省

エコカー 燃費
国土交通省は15日、自動車の安全基準について国際的な整合を図るため、新たに前照灯(放電灯光源式)および前照灯(フィラメント光源式およびLEDモジュール式)の国連相互承認協定規則を採用することを内容とした、道路運送車両の保安基準(省令)などの改正案を発表した。

また、すでに採用されている規則のうち、ドアラッチおよび扉保持構成部品に関する協定規則など11規則の改訂が国連で採択されているため、改訂内容を採り入れる。
 
このほか、基準の適正化のため、前面(後面)衝突時燃料漏れ試験に係る基準および緊急制動表示灯の作動条件に係る基準などを改正する。
 
これらの改正内容について、6月16日まで意見募集を行う。
 
国土交通省ウェブページ
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000031.html
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集