【ホンダ インサイト 試乗】イメージが違う…吉田匠

試乗記 国産車

【ホンダ インサイト 試乗】イメージが違う…吉田匠
  • 【ホンダ インサイト 試乗】イメージが違う…吉田匠
  • 【ホンダ インサイト 試乗】イメージが違う…吉田匠
  • 【ホンダ インサイト 試乗】イメージが違う…吉田匠
  • 【ホンダ インサイト 試乗】イメージが違う…吉田匠
  • 【ホンダ インサイト 試乗】イメージが違う…吉田匠
ベーシックモデルが189万円からという衝撃的なプライスも功を奏して、発売直後から絶好調な売り上げを見せている新型ホンダ『インサイト』。都内で試乗して印象に残ったのは、ハイブリッドカーのイメージと違って、スポーティな感触のクルマだということだった。

ただし、電気モーターをエンジンの補助的な役目に使うパワーユニットは、むしろ大人しい印象をうける。その代わり、やや硬めの脚を持つシャシーが、少ししなやかさに欠ける乗り心地と引き換えに、シャキッとしたスポーティな感触を実感させてくれるのだ。IPUをリアの床下に置いたレイアウトもその点に効果的なのだろう。個人的には幅が5ナンバーサイズに収まったボディも好ましいと思う。

さらに、CVTに7段MTモードとシフトパドルを加え、エコ系ではない16インチタイヤを履いた「LS」というモデルの存在も、僕には好ましく思えた。ハイブリッドカーのユーザーにも、燃費を多少犠牲にしてでもスポーティな運転を愉しみたいという僕のような人種は、必ずいるに違いないと思うからだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

吉田匠│モータージャーナリスト
1947年4月22日生まれ。青山学院大学卒業と同時に自動車専門誌『CAR GRAPHIC』の編集記者としてニ玄社に入社。スポーツカーのロードテストなどを主として担当し、ヒストリックカー、ツーリングカー、FJなどのレースにも参戦、優勝経験もけっこうあり。1985年、フリーランスのモータージャーナリストとして独立。自動車専門誌や一般誌に記事を執筆する。現在の愛車は 1970年アルファロメオ『ジュニアZ』、1991年ポルシェ『911カレラ2』、2005年VW『ゴルフGLi』。
《吉田匠》

編集部おすすめのニュース

特集