次期 ガヤルド か!? 新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ

自動車 ニューモデル 新型車

次期 ガヤルド か!?  新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ
  • 次期 ガヤルド か!?  新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ
  • 次期 ガヤルド か!?  新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ
  • 次期 ガヤルド か!?  新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ
  • 次期 ガヤルド か!?  新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ
  • 次期 ガヤルド か!?  新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ
  • 次期 ガヤルド か!?  新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ
  • 次期 ガヤルド か!?  新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ
  • 次期 ガヤルド か!?  新進デザイナーが描いた未来のランボルギーニ
カーデザイナーのIulian Bumbu氏はデザインスタディ『Insecta』を発表した。フロントの猛牛エンブレムを見ればわかる通り、ランボルギーニ社の承認を得て製作されたコンセプトカーである。

Iulian Bumbu氏はルーマニア出身のカーデザイナー。イタリア・ミラノで自動車デザインを学んだ後、アルファロメオに入社。その後、独立した。ランボルギーニといえば猛牛のイメージだが、このInsectaでは、昆虫にインスピレーションを得たデザインが導入されている。

ボディはすべてカーボンファイバー製。大胆にエッジをきかせたフォルムが特徴で、ドアはガルウイングを採用している。とくに真上やリアから見た時に、硬い冑をまとった昆虫に見えるようにデザインされた。

ボディサイズは全長4300×全幅2000×全高1000mm、ホイールベース2650mm。『ガヤルドLP560-4』(全長4345×全幅1900×全高1165mm、ホイールベース2560mm)と比較すると、ワイドで地を這うようなプロポーションが際立つ。

エンジンはガヤルドLP560-4用の5.2リットルV10を流用し、ミッドシップにレイアウト。最大出力560ps、最大トルク55.1kgmを発生する。駆動方式は4WDである。

Iulian Bumbu氏は「ひと目でランボルギーニとわかることを第1条件に、自然界に存在する昆虫をカーデザインに取り入れた」とコメントしている。

ランボルギーニがInsectaのテイストを次期ガヤルドに盛り込むかどうかは不明だが、ひとつの提案として注目したいスタディモデルである。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集