マツダ、水素ハイブリッド自動車のリース販売開始

自動車 ビジネス 企業動向

マツダは25日、ハイブリッドシステムの採用で性能を高めた水素ハイブリッド自動車『プレマシー・ハイドロジェンREハイブリッド』のリース販売を開始すると発表した。

水素ハイブリッド自動車のリース販売開始は完成車メーカーとしては世界初。2009年中に地方自治体やエネルギー関連企業などに納車する予定。マツダの水素ロータリーエンジン車の実用化は『RX-8ハイドロジェンRE』に続いて2車種目となる。

プレマシー・ハイドロジェンREハイブリッドは、水素ロータリーエンジンと電気モーターを組み合わせたシリーズ式ハイブリッドシステムを搭載した。RX-8ハイドロジェンREと比べて水素での航続距離を2倍の200kmに、最高出力を約40%増の110kwに改善した。
 
また、水素燃料がなくなった場合、ガソリン走行に切り替えることができる「デュアルフューエルシステム」や植物由来の内装素材である「マツダバイオテックマテリアル」など、将来を見据えた独自の環境技術を多数採用した。
 
リース販売仕様の車両は3月5日に国土交通大臣認定を取得し、3月25日に広島陸運支局からナンバープレートの交付を受けた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集