泥酔教師、バイクに飛び蹴り

自動車 社会 社会

21日未明、沖縄県糸満市内の国道331号で、道路を横断しようとしていた男が停車していたバイクに対し、飛び蹴りなどの暴行を加える事件が起きた。バイクに乗っていた2人にケガはなかったが、警察は暴行を加えた33歳の男を現行犯逮捕している。

沖縄県警・糸満署によると、事件が起きたのは21日の午前0時30分ごろ。糸満市西崎付近の国道331号をバイクで進行していた30歳の男性が、前方をふらふらと横断する男に気づいて停車したところ、この男が突然激怒。バイクに対して飛び蹴りを行い、さらには男性と、後部に同乗していた女性に対して数回の蹴りを加えた。

男性は男をその場で取り押さえ、警察に通報。これを受けて駆けつけた同署員に身柄を引き渡した。男は暴行の現行犯で逮捕。後の調べで、近くに住む33歳の高校教諭と判明している。

逮捕当時、男は泥酔状態。調べに対しては「よく覚えていない」と供述しているようだ。警察では交通トラブルを発端とした暴行事件として調べを進めている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品