三菱 パジェロ ショートボディ車にもディーゼルエンジンを設定

自動車 ニューモデル 新型車

三菱 パジェロ ショートボディ車にもディーゼルエンジンを設定
  • 三菱 パジェロ ショートボディ車にもディーゼルエンジンを設定
  • 三菱 パジェロ ショートボディ車にもディーゼルエンジンを設定
  • 三菱 パジェロ ショートボディ車にもディーゼルエンジンを設定
  • 三菱 パジェロ ショートボディ車にもディーゼルエンジンを設定
三菱自動車は、『パジェロ』のショートボディ車に、現行の新長期規制に適合したディーゼルエンジン搭載グレードを追加設定し、3月27日から発売する。

パジェロは昨年10月に、コモンレール燃料噴射システムやNOxトラップ触媒、DPF(ディーゼル微粒子除去装置)などを採用し、新長期規制に適合させた3.2リッターコモンレール式ディーゼルエンジン(DI-D)を搭載したロングボディ車のグレードを追加設定した。
 
今回、顧客の要望に応じて同ディーゼルエンジンを、ショートボディ車の「VR-II」にも新たに追加設定した。
 
価格は367万5000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集