2008年のPND世界シェアはGARMINがトップ、TomTomが2位

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

2008年のPND世界シェアはGARMINがトップ、TomTomが2位
  • 2008年のPND世界シェアはGARMINがトップ、TomTomが2位
  • 2008年のPND世界シェアはGARMINがトップ、TomTomが2位
  • 2008年のPND世界シェアはGARMINがトップ、TomTomが2位
  • 2008年のPND世界シェアはGARMINがトップ、TomTomが2位
  • 2008年のPND世界シェアはGARMINがトップ、TomTomが2位
  • 2008年のPND世界シェアはGARMINがトップ、TomTomが2位
英国のマーケットアナリスト会社CANALYSは、2008年のPNDの世界セールスは約4100万台と発表した。メーカー別シェアは33.7%(1380万台、前年比+5.9%)でGARMINがトップを獲得。2位はオランダのTomTom、以下Mitac、Nextarと続く。

地域別の売上げ推移では、北アメリカで13%、ヨーロッパで5%、アジアでは1%とすべての地域でPNDマーケットが成長。また、第4四半期の全世界出荷台数のうち、北米市場向けは52%を占め、欧州・中東・アフリカ向けが36%を記録した。

CANALYSの上級副社長でプリンシパルアナリストのChris Jones氏は、「困難な経済情勢にもかかわらず、米国のPND市場は年々成長を続けているが、これはとりわけホリデーシーズンのきわめて積極的な価格設定に支えられている」と指摘する。

なお、GARMINのリリースによると、PNDやハンドヘルド、マリン、航空機用などを含む同社の全世界向けGPSデバイス総出荷台数(2008年)は、前年比38%アップの1690万台。前年度の31億8000万ドルから10%アップの34億9000万ドルの売上を達成した。

GARMIN社の社長兼最高経営執行役員クリフ・ペンブル氏は、「GARMIN社は、この20年間で業界をリードする革新、品質、価値、使いやすさと支持をもたらすことを顧客に約束してきた。この厳しい経済状況の中で、より高いマーケットシェアを獲得したことにより、これからさらに多くの顧客を引きつけ、業界No. 1の製品提供を続けることができると確信している」とコメントした。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集