ランボルギーニ LP670-4SV …迫力のドリフトシーン

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ LP670-4SV …迫力のドリフトシーン
  • ランボルギーニ LP670-4SV …迫力のドリフトシーン
  • ランボルギーニ LP670-4SV …迫力のドリフトシーン
  • ランボルギーニ LP670-4SV …迫力のドリフトシーン
  • ランボルギーニ LP670-4SV …迫力のドリフトシーン
  • ランボルギーニ LP670-4SV …迫力のドリフトシーン
ランボルギーニはジュネーブモーターショーで『ムルシエラゴ』の最強グレード「LP670-4SV」(スーパーヴェローチェ)を発表した。動画共有サイトでは、そのプロモーションビデオを公開している。

エンジンは「LP640」の6.5リットルV12を専用チューン。3段階で切り替わるインテークマニホールドの採用、バルブタイミングの変更、バルブスピードのアップなどの改良を施し、最大出力670ps、最大トルク67.3kgmを発生する。これはLP640と比較して30psのパワーアップだ。

徹底した軽量化も施されており、薄型高張力スチールやカーボン素材を積極投入。LP640比でトータル約100kg軽量化し、1565kgの車重を達成している。この結果、0-100km/h加速3.2秒、最高速342km/hと、LP640の3.4秒、320km/hを大きく上回るパフォーマンスを実現した。

ブレーキはCCB(カーボンセラミックブレーキ)が標準。タイヤはピレリの『Pゼロコルサ』で、前が245/35ZR18、後ろが335/30ZR18サイズ。カーボンとチューブラースチールフレームで構成するコンボジットボディは、レーシングカーと同手法で、ボディ剛性はLP640比で約12%引き上げられ、ハンドリングを向上。フロントには段差を超える時などに、車高を45mm高めるリフティングシステムが導入された。

外観は走行目的に応じて、小型、大型の2種類のリアスポイラーを設定。また、フロントはカーボン製スポイラーやブレーキ冷却に配慮した大型エアインテークを新採用し、運転席側サイドシルには、オイルクーラー用のインテークが追加された。リアはカーボン&ポリカーボネート製エンジンカバーが3分割の専用デザインとなり、カーボン製ディフューザーや専用マフラーを装着。左右のテールランプ間のガーニッシュも、カーボンパネルとなり、迫力を増している。

LP670-4SVのスペックは、2007年のフランクフルトモーターショーで発表された『レヴェントン』の性能さえ上回る。ランボルギーニ史上、最速を誇るLP670-4SVのPRビデオは、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集