【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン
  • 【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン
  • 【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン
  • 【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン
  • 【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン
  • 【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン
  • 【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン
  • 【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン
  • 【ルマン09】アストンマーチン…LMP1マシンがシェイクダウン
アストンマーチンは8-9日、ルマン24時間耐久レースのトップカテゴリー、「LMP1」クラス参戦マシンのシェイクダウンテストをフランス・ポールリカールで行った。

アストンマーチンは07 - 08年、ルマン24時間の「GT1」クラスに『DBR9』でエントリーし、2年連続のクラス優勝を達成。そのノウハウがLMP1クラスのマシンにも生かされた。

テスト当日は、ゼッケンナンバー「007」「009」の2台のマシンが用意され、6名のドライバーがステアリングを握った。ブルーとオレンジの組み合わせが鮮やかな2台のマシンは、メインスポンサーの「ガルフオイル」カラー。タイヤはミシュラン、アルミホイールはBBS、ダンパーはコニ、シャシーはローラが担当。エンジンの詳細は明らかにされていないが、DBR9と同様に市販車ベースのV12ガソリンユニットが搭載されているもようだ。

ポールリカールのテストは他メーカーとの合同テストの形式を取り、合計28台のマシンが参加。テストは今年、初めて一般に公開され、3500人の観衆が集まった。

アストンマーチンの2台のうち、1台がクラッシュするというアクシデントはあったが、テストはおおむね順調に終了。ドライバーのひとりは「エンジンフィーリング、コーナリングスピードともに最高。テスト最終日にはベストラップで周回できた」とコメントしている。

この数年のルマンはアウディが2000年以降、03年を除いて8回総合優勝しており、06年からはターボディーゼル搭載の『R10TDI』が3連覇。今年は『R15TDI』にマシンが切り替わり、さらに戦闘力を引き上げている。

アストンマーチンは、1959年のルマン24時間に『DBR1』で参加。キャロル・シェルビーとロイ・サルバドリの両ドライバーの活躍によって、見事栄冠を勝ち取った。それから50年目に当たる2009年、アストンマーチンは再びルマンの頂点を狙う。今年のルマン24時間は6月13 - 14日、フランスのサルトサーキットで開催される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集