【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】ルノー メガーヌ ルノースポール250
ルノーは3日、ジュネーブモーターショーで『メガーヌクーペ』のホットバージョン、『ルノースポール250』を発表した。その名の通り、最大出力250psを発生する2.0リットル直4ツインターボを積む最強グレードだ。

ルノースポールはこれまで、メガーヌに2つのスペシャル仕様を用意してきた。『F1チームR26』と『R26.R』である。2008年10月のパリモーターショーでデビューした新型メガーヌクーペにとって、ルノースポール設定は今回が初。その心臓部には過去最強のエンジンが収まる。

新開発の2.0リットル直4はツインスクロールターボを装着。最大出力250ps/5500rpm、最大トルク34.7kgm/3000rpmを発生する。これはR26.Rよりも20ps、4.1kgmパワフルだ。このエンジンは1900rpmで、最大トルクの80%を発揮し、ワイドなパワーバンドを持つ。トランスミッションは6速MTだ。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集