ルノー メガーヌトロフィ…その熱いポテンシャル

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ルノー メガーヌトロフィ…その熱いポテンシャル
  • ルノー メガーヌトロフィ…その熱いポテンシャル
  • ルノー メガーヌトロフィ…その熱いポテンシャル
  • ルノー メガーヌトロフィ…その熱いポテンシャル
  • ルノー メガーヌトロフィ…その熱いポテンシャル
  • ルノー メガーヌトロフィ…その熱いポテンシャル
ルノーは、2009年シーズンの「メガーヌトロフィ」用マシンのシェイクダウンテストを実施。その模様を収めたPRビデオを、動画共有サイトで公開している。

メガーヌトロフィは、2005年から世界選手権として行われているワンメイクレース。2009年からは、新型『メガーヌクーペ』がベースのマシンに切り替わる。

2009年型のマシンは、昨年10月のパリモーターショーで発表されたメガーヌクーペをモチーフにしている。といっても、実際にメガーヌから流用しているのはヘッドランプやテールランプ程度。エンジンはミッドシップに置かれるなど、市販車とはまったく別モノで、ルノーのモータースポーツ部門、「ルノースポール」によって開発されたレース専用車である。

新型マシンも従来どおり、日産製3.5リットルV6をベースに、ルノースポールがチューニングした専用エンジンを搭載。ただし、最大出力は旧型の320psから360psへ、40psも向上した。最大トルクは39.8kgmと変わっていない。

シャシーはスチール製マルチチューブラーフレームで、車重わずか955kg。パワーウェイトレシオは2.65kg/psとスーパーカー並みの数値をマークする。トランスミッションはパドルシフトの6速セミAT。ブレーキローター径は、前が356mm、後ろが330mm。キャリパーはフロント6ピストン、リア4ピストンだ。サスペンションは4輪ダブルウイッシュボーンで、ダンパーは減衰力調整式となる。タイヤはミシュランの18インチを履く。

ルックスはレーシングカーそのもの。リアには大型ウイングを装着し、アンダー部にはディフューザーを追加している。高速走行時に有効なダウンフォースを20%高めると同時に、揚力は15%低減しているという。ガルウイングドアも迫力満点だ。

2009年シーズンのメガーヌトロフィは4月18日、スペイン・バルセロナで幕を開ける。メガーヌトロフィの高い戦闘力を予感させるPR映像は、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集