【ホンダ インサイト 試乗】楽しいから選ぶ…萩原秀輝

試乗記 国産車

エコは大切だけれど、楽しくなければ選ぶ気持ちにはなれない。でも、インサイトに乗れば思わず笑顔になれる場面が待っている。

たとえば、コーナーに進入するときがそう。ステアリングを切り込むと、軽快なフットワークでクルマの鼻先がスッと向きを変えてくれる。ハイブリッドシステムはすべてボディ下部に搭載されているので、低重心化の効果が見逃せない。実際に、コーナーを飛ばしぎみに駆け抜ける程度のペースならボディのムダな動きを感じることがない。

しかも、バッテリーや制御コンピュータはリアに搭載されている。そのため、とかく鼻先ばかりが重くなりがちなFFの中にあってリアにも荷重が乗るので、4輪が路面にシッカリ踏ん張る感覚が得られ安心感も高い。

それに、コーナーの立ち上がりでは「LS」ならCVTをマニュアル感覚で操作できるパドルシフトが装備されているから、エンジンを高回転域まで引っ張りながら伸びのある加速が楽しめる。こうした場面が待っているからこそ、我慢することナシに日常ではエコな運転を心がけることができるのだとボクは思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

萩原秀輝|AJAJ会員
学生時代より自動車誌にてスタッフを経験、卒業と同時にフリーランスのリポーターになる。かたわらツーリングカーレースに参戦し優勝の実績もある。そうした経験を生かし「走り」については深い洞察力を持つ。評価にあたってはアラ探しをするのではなく「乗る人の利益を前提にそれがどう満たされているかを見出す」ことを重視。また、確かな走行理論を基に各種の安全運転教育の講師を務め、これまでの受講者は累計で1万人を越える。
《萩原秀輝》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集