ソニーとセイコーエプソン、液晶ディスプレイ事業で提携

自動車 ビジネス 企業動向

ソニーとセイコーエプソンは、エプソンの中・小型液晶ディスプレイ事業をソニーへ一部売却することを含めて中・小型液晶ディスプレイ事業分野で提携することで合意した。今後、法的拘束力を持つ契約を6月末に締結することを目標に、両社で協議する。

中・小型液晶ディスプレイ事業を推進するエプソンの子会社であるエプソンイメージングデバイスは、事業構造改革を進める一方で、アモルファスシリコンTFT液晶と低温ポリシリコンTFT液晶の技術をもとに、高精細、広視野角技術など、独自の技術を培いながら商品ポートフォリオの転換を図ってきた。

ソニーとの提携により、エプソンイメージングが持つ液晶技術やアモルファスシリコンTFT液晶の生産力を活用、より幅広い顧客ニーズに対応する。

ソニーは、中・小型液晶ディスプレイ事業に関して、低温ポリシリコンTFT液晶に重点を置いており、開発・商品化を加速させるため、ソニー内の事業リソースを子会社であるソニーモバイルディスプレイに集約、開発・設計・製造一体となったオペレーション体制に変更し、事業体質の強化に向けた取り組みを行うことを決定している。

これに加え、今回の提携を通じ、エプソンの持つ幅広い液晶技術、特に、エプソンイメージングの持つアモルファスシリコンTFT液晶の技術力、商品設計力、生産力などを取り入れることで、中・小型液晶ディスプレイ事業の競争力強化を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集