【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続

自動車 ニューモデル 新型車

【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続
  • 【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続
  • 【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続
  • 【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続
  • 【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続
  • 【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続
  • 【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続
  • 【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続
  • 【シトロエン C4 新エンジン】WRCベースのクーペも継続
シトロエン『C4』はマイナーチェンジを行い、これまで5グレードあったラインナップが3グレードに集約された。スポーティなクーペモデルも2グレードから、1グレードに減ってはいるものの継続設定されている。

プジョー・シトロエンジャポン広報部の吉田訓啓さんは「クーペは今までも販売比率的には約13%と低く、マイナーチェンジ以降はエンジンを1機種に絞ったこともあり、販売予想は約5%と低くなっています」

「ですが、クーペはWRCで活躍するC4のイメージを牽引してくれるモデルでもありますので、受注生産という形で継続設定いたしました」と語る。

マイナーチェンジモデルでは、自然吸気の1.6リットルエンジン&4速ATの「1.6VTR」だけになってしまったが、エンジンが新型に切り替わったことでクーペも走りの質を十分に高めている。クーペは2ドアになるが後席は意外なほど広く、実用性に関しても十分に考慮された設計となっている。5ドアの「エクスクルーシブ」と同じように、パノラミックガラスルーフが標準装備されているので室内の開放感も高い。

日本では3ドアハッチバックの人気は国産車も含めて低迷しており、販売的には芳しくはないと思われる。だが、クーペのスタイリングはセバスチャン・ローブがドライブするWRCマシンの「C4 WRC」に直結するものがあり、お洒落な雰囲気が先行するシトロエン車の中で唯一スポーティなイメージを感じさせてくれる貴重なモデルである。

今まで設定されていた180PSを発揮する2リットル&5速MT車が廃止されてしまったのは残念ではあるが、今後もクーペのスポーティなスタイリングが楽しめるのは嬉しいことといえる。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集