ヤナセバイエルン 名古屋支店を移転…ショールームをBMWが走る

自動車 ビジネス 国内マーケット

BMWジャパンの正規ディーラーであるヤナセバイエルンモーターズは、名古屋支店を名古屋市を代表する商業エリアである中区栄に移転オープンし、3月3日から営業を開始すると発表した。

新店舗は、BMW本社の最新のCI(コーポレートアイデンティティー)を導入し、ショールームには、車両が路上を走行している姿を再現した「ドライビング・ギャラリー」のコンセプトを採用してモデルを5台展示する。
 
5台の車両を2列に、双方向に展示する手法により「駆けぬける歓び」というBMWのコア・メッセージを表現する。
 
また、新しいショールームの敷地内にはサービスのワークショップも併設し、簡易な修理から定期点検や車検整備まで、短時間かつ高品質に対応する。
 
栄エリアは、百貨店や複合商業施設、ブランド店が立ち並ぶ名古屋地区を代表する商業エリア。名古屋支店の同ショールームは、栄町駅からも至近距離にあり、利便性の高い場所に位置する。敷地面積は982平方メートルで、ショールーム面積が325平方メートル。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集