USF1がテレビで決意表明

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2010年からのF1参戦がほぼ決定的となったアメリカ系チーム「USF1」。その代表者であるスポーティングディレクターのピーター・ウィンザーとケン・アンダーソン代表がテレビのインタビューで参戦への決意を語った。

「かなり傲慢に聞こえてしまうかもしれないが、われわれには歴史もあり、このスポーツに持ち込める資質を持っている。しかも非常にうまくやれる自信がある」と語るのはかつてウィリアムズなどでチーム代表を務めたウィンザー。

USF1は大富豪や巨大な自動車メーカーによる後ろ盾がなくともF1チーム運営が可能なところを示したいとしており、エンジンについては巨大なアメリカ市場をバックに全エンジンメーカーに交渉を持ちかけるとのことだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • エクレストンもヴァージンF1参入を歓迎 画像 エクレストンもヴァージンF1参入を歓迎
  • アメリカンF1チーム、女性ドライバーの可能性もあり 画像 アメリカンF1チーム、女性ドライバーの可能性もあり
  • INGが今季限りでF1撤退へ 画像 INGが今季限りでF1撤退へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース