【レクサス RX 日本発表】180cm+・90kg+…助手席の数少ない欠点

自動車 ニューモデル 新型車
【レクサス RX 日本発表】180cm+・90kg+…助手席の数少ない欠点
  • 【レクサス RX 日本発表】180cm+・90kg+…助手席の数少ない欠点
  • 【レクサス RX 日本発表】180cm+・90kg+…助手席の数少ない欠点
  • 【レクサス RX 日本発表】180cm+・90kg+…助手席の数少ない欠点
  • 【レクサス RX 日本発表】180cm+・90kg+…助手席の数少ない欠点
  • 【レクサス RX 日本発表】180cm+・90kg+…助手席の数少ない欠点
欧米での発売も考慮し、余裕を持ったスペースとなっている『RX350』。どれぐらい広いかを見るため、180cm+・90kg+という日本人としては大柄な部類の記者が乗り込んで身体で実測してみた。続いては助手席は、頭上も左右幅も足下もスペース的には問題ない。

運転席も余裕だが、ステアリングがない分、さらに広々と<!-- yahoo_link_text -->しており、持てあましそうなほどである。運転席同様に、身長2mクラス・体重120kgオーバーといった欧米人の中でも巨漢の部類に入る人が乗り込んでも大丈夫なのではないだろうか。

ドア内側のアームレストも、大きめのドアに合わせて十分前後に長さがあり、使い心地はいい。ただし、センターアームレストと比較すると、もっと太さがあってもよかったように思う。そのセンターアームレストは、ドライバーとふたりで使っても問題ないほど幅が広い。

スペース的にまったく問題がない助手席だが、気になった点もある。足下のフロアが平らではないことだ。左フロントのタイヤハウスの影響で左側が少々盛り上がっており、慣れない内は足の置き場がしっくりこないはずだ。これだけ大きくて余裕のある車内なのに、と疑問に思ってしまうところだが、ホイールベースなどとの関係なのだろう。これさえなければ完璧といってもいいほど居心地のいい、RX350の助手席である。
《デイビー日高》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース