【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド

自動車 ニューモデル 新型車

【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド
  • 【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド
  • 【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド
  • 【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド
  • 【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド
  • 【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド
  • 【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド
  • 【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド
  • 【フェラーリ SP1】半世紀ぶりのワンオフ・オーダーメイド
1
イントロダクション

フェラーリは創業して間もない約10年間だけ、ヨーロッパの貴族やベルギーなどのロイヤルファミリーの注文に応じ自社工場でワンオフ・デザインの“Ferrari”を数台作っている。

中でも有名なのは、1953年に映画監督ロベルト・ロッセリーニが、イングリッド・バーグマンとの結婚記念にオーダーした『375アメリカ・クーペ』であろう。19世紀末イタリア革命の英雄ガリバルディ将軍を援助し、遺品の数々を継承するイタリア名門ロッセリーニ家の御曹司であったロベルトの依頼に応え、デザインはピニンファリーナが担当している。

ちなみにフェラーリはこうした栄光の歴史を物語るかのように、現行『612スカリエッティ』のスタイリングに、375アメリカ・クーペ“イングリット・バーグマン”のデザイン・モティーフを再現させている。

このようなエピソードに彩られた名門フェラーリの歴史の中で、2008年12月、なんと約50年ぶりとなるワンオフ・フェラーリが復活したのである。クルマの名称は『SP1』、オーナーは平松潤一郎(フェラーリクラブ・ジャパン元会長)である。

SP1は平松氏が個人的に製作依頼したものであり、モーターショーに展示されるコンセプトカーのように広く公開される性質のものではない。今回、平松氏の好意によりオーダーメイド・フェラーリSP1を『レスポンス』で紹介する。
《荒川健》

編集部おすすめのニュース

特集