【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン

自動車 ニューモデル モーターショー
【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン
  • 【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン
  • 【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン
  • 【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン
  • 【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン
  • 【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン
  • 【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン
  • 【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン
  • 【デトロイトモーターショー09】米新興メーカーから ハイブリッドオープン
米国のフィスカーオートモーティブ社は12日、『カルマSコンセプト』を初公開した。2個の強力なモーター(403ps)を搭載するプラグインハイブリッド車で、電動メタルルーフのオープンスポーツカーを提案する。

同社は今回のデトロイトモーターショーで、新型4ドアスポーツカーの『カルマ』の市販仕様を発表。カルマSコンセプトは、その2ドアオープンバージョンである。

カルマSコンセプトのハイブリッドシステムはカルマと基本的に共通の「Q-ドライブ」。2個のモーター(403ps)を搭載し、約80kmをモーターだけで走行できる。2次電池は22.6kwhのリチウムイオンバッテリーで、家庭用コンセントから充電可能だ。

また、カルマSは充電専用のエンジンを搭載。バッテリー残量が少なくなると、GM製の「エコテック」直噴2.0リットル直4ターボ(260ps)が始動。ジェネレーターを回し、モーターに電源を供給するとともに、リチウムイオンバッテリーを充電する。

車体はカルマと同様にアルミスペースフレームの上にアルミ複合素材で作られたボディを載せる方式。カルマSでは電動メタルルーフを採用。ルーフはトランクに収納され、ボタンひとつでオープンとクーペが簡単に切り替えられる。動力性能は未公表だが、カルマの0-96km/h加速が5.8秒、最高速度が200km/hだから、同等の性能を達成していると思われる。

フィスカー社は今年11月のカルマに続いて、2011年にカルマSを市販する計画。価格はカルマの8万7900ドル(約790万円)を上回るものと予想されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集