08年の普通トラック販売、6年ぶり8万台割れ…4社とも2ケタのマイナス

自動車 ビジネス 企業動向
トラック業界がまとめた2008年の普通トラック販売台数は、前年比16.2%減の7万4574台と大幅マイナスとなった。

軽油価格の乱高下や景気低迷でトラックの新車需要は低迷した。普通トラック市場が8万台を割り込んだのは6年ぶり。
 
内訳は大型トラックは同16.9%減の4万2821台、中型トラックが同15.3%減の3万1753台だった。
 
メーカー別では、4社ともに2ケタのマイナスとなった。日野は同14.3%減の2万4765台と、マイナス幅は最も小幅でシェアトップを堅持した。
 
いすゞは同16.5%減の2万2628台、三菱ふそうは同17.6%減の1万5718台、日産ディーゼルが同17.7%減の1万1463台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 普通トラック販売、22.8%減と大幅マイナス…11月 画像 普通トラック販売、22.8%減と大幅マイナス…11月
  • 大型トラック満足度、日産ディーゼルがトップ…JDパワー 画像 大型トラック満足度、日産ディーゼルがトップ…JDパワー
  • 【エコプロダクツ08】駐車中に給電できるシステムをデモ披露 画像 【エコプロダクツ08】駐車中に給電できるシステムをデモ披露
  • 【SUPER GT】はたらくじどうしゃ写真蔵…トランポたち 画像 【SUPER GT】はたらくじどうしゃ写真蔵…トランポたち

特集