トヨタ、豊田章男副社長「クルマは無限の可能性を秘めている」

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ、豊田章男副社長「クルマは無限の可能性を秘めている」
  • トヨタ、豊田章男副社長「クルマは無限の可能性を秘めている」
  • トヨタ、豊田章男副社長「クルマは無限の可能性を秘めている」
  • トヨタ、豊田章男副社長「クルマは無限の可能性を秘めている」

トヨタ自動車とダイハツ工業は25日、都内のホテルで新型車『パッソセッテ』/『ブーンルミナス』の共同発表会を行った。その会見の席上、トヨタの豊田章男副社長は「クルマというのは、技術面でも生産面でも無限の可能性を秘めている」と述べ、両社が今後一層力を合わせていくことを強調した。

両社の協力関係は国内、そしてアジアを中心に進められている。「ダイハツの良さは、軽自動車に代表されるコンパクトなクルマづくり」(豊田副社長)で、小型車シフトを進めているトヨタにとって、そのパッケージ技術が役に立つ。

一方、トヨタはアジアだけではなく、幅広いグローバル展開を行っており、その面で「トヨタが力になれる」(同)。両社で協力し合えば、新たな活路も見いだせるというわけだ。

とは言うものの、100年に一度と言われる経済危機の前では、「1台1台を大切に積み重ねていくことにつきる。このクルマを機に原点に立ち返る」と、豊田副社長は力を込めて語った。

《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース