ホンダとGSユアサの電池新会社「1日も早い商品化を」

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダとGSユアサの電池新会社「1日も早い商品化を」
  • ホンダとGSユアサの電池新会社「1日も早い商品化を」
  • ホンダとGSユアサの電池新会社「1日も早い商品化を」
ホンダとGSユアサは17日、ハイブリッド車用のリチウムイオン電池の開発から生産・販売に至るまでの共同出資会社設立で基本合意した。同日、記者会見したホンダの福井威夫社長は「リチウムイオン電池の進化には、バッテリーメーカーとの協力が必要と判断した」と、提携の狙いを語った。

そのうえで、「高性能な電池の1日も早い商品化を目指したい」と、両社共同での開発を加速させたい意向を示した。現行のハイブリッド用電池であるニッケル水素電池については、今後も「パナソニックEVエナジーと三洋電機からの購入はそのまま続ける」とした。

一方、GSユアサの依田誠社長は「自動車用の2次電池は、設計段階から自動車メーカーと協力して開発することが重要」と指摘。新会社は「ハイブリッドに多くのノウハウをもつホンダとの協力で最大の能力が発揮できる」と期待を表明した。また、三菱自動車との共同出資会社は電気自動車用の電池を開発・生産するものであり、「商品がはっきり分かれるし、開発チームも分けて進められる」と説明した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集