【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り

自動車 ニューモデル 新型車

【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り
  • 【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り
  • 【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り
  • 【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り
  • 【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り
  • 【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り
  • 【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り
  • 【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り
  • 【VW パサートCC 日本発表】バランスの取れた2.0リットルの走り
フォルクスワーゲングループジャパンは『パサートCC』を発売した。2リットルエンジンを搭載する「2.0TSI」グレードは、ベースグレードでありながらも、ゆとりのあるエンジンパワーとDCCを装備することで、バランスのある走りを手に入れている。

「2.0TSI」に搭載されるのは、200PSを発揮する2リットル直噴ターボエンジン。このエンジンは、1500 - 5000rpmという幅広い回転域で、2.8リットルエンジン並みの28.6kg-mの高トルクを発揮する。そのため走行中は常にターボの恩恵に授かることができ、低回転域からでも機敏な加速を引き出す。

走行性能では、パサートCCのボディは、パサートのセダンより車両重量が70kg重くなっているので、2.0TSIでは力不足を感じるかと思ったが、実際は排気量を意識させない力強さを発揮。ミッションも、6速ATにパドルシフトが装備され、マニュアルモードで変速した際にはDSGほどではないものの、素早くシフトチェンジをおこなう。

フォルクスワーゲンジャパン商品企画課の海谷博樹さんは「この2リットルエンジンは力強い動力性能をもちながら、10.4km/リットルという優れた10・15モード燃費を達成しております」

「また、2.0TSIにもサスペンションとステアリング特性を統合的に制御するDCC(アダプティブ シャシー コントロール)を装備しておりますので、スポーツカーのようなダイレクトな走りと高級車のような快適な乗り心地の両方を体感していただくことができます」とコメント。

実際に、DCCを「コンフォート」にセットして走ると、あたりの柔らかな快適な乗り心地を提供してくれる。ボディのダンピングは多少収まりが甘くはなるが、ソフトな乗り心地が好きな人にはマッチするはずだ。

そして「スポーツ」に切り替えれば、瞬時にサスペンションが引き締まり、ステアリングも手応えが増す。このモードならコーナリング中のロールも適度に抑えられているので、山道を軽快に走りたい時には最適だ。乗り心地はマイルド感のある硬さなので、スポーツモードでも不快感はゼロだ。

そして「ノーマルモード」は、まさにその中間。乗り心地とフットワークが上手くバランスされているので、普段はこの状態で走り、気分を変えたい時はコンフォートやスポーツを使い分けるのがベストだろう。

2.0TSIのフットワークには、VWの他車種のベースグレードとは一味違う質感の高さがある。このレベルの高い走りを持っていれば、4気筒を積む他のプレミアムセダンから乗り換えても、高い満足度を得られるに違いない。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集