【エッセンモーターショー08】VW ゴルフ ABT仕様

自動車 ニューモデル モーターショー

【エッセンモーターショー08】VW ゴルフ ABT仕様
  • 【エッセンモーターショー08】VW ゴルフ ABT仕様
  • 【エッセンモーターショー08】VW ゴルフ ABT仕様
フォルクスワーゲンのトップチューナーとして知られるABT社は28日、エッセンモーターショーで新型『ゴルフ』のABT仕様を初公開した。

外観はABTらしいスポーティさが感じられるパーツを装着。専用エアロパーツはグリル、前後バンパー、サイドスカート、リアスポイラーなどで構成され、新型のフォルムがいっそう精悍になった。

エンジンチューンメニューも豊富。1.4リットル直4TSIは、最大出力122psを170psへ、最大出力160psを200psに高めるキットを用意。また、2.0リットル直4TFSIは210psを240psへ、ディーゼルの2.0リットル直4TDIは140psを170psに引き上げるチューン内容だ。4本出しの専用エグゾーストも設定した。

足回りは強化ダンパー&スプリングをはじめ、18インチまたは19インチのアルミホイールを用意。ブレーキローターも直径345mmと380mmの2タイプを取りそろえる。

ABTは歴代ゴルフのチューニングを手がけてきた。いわば「ゴルフのスペシャリスト」としての実績があるだけに、新型の完成度にも期待が高まる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集