【ITS世界会議08】メルセデスベンツ独自のテレマティクスシステム「myCOMAND」

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

メルセデスベンツのブースで大いに興味を抱いたのが『myCOMAND』と呼ばれる独自のテレマティクスシステムだった。ポイントはシステムは常にインターネットに接続されていて、最新の地図データ、それもグーグルマップをカーナビ用として利用する完全サーバークライアント型になっている点。そのため、地図データを更新する必要はなくなり、いつでもサーバーにある最新データに基づいたルート案内が可能になるのだ。

通信手段としては「WiFi」か、あるいは次世代通信「WiMAX」を使うことを想定しているようだが、インフラの整備状況も鑑み、通信状態が悪いところでは内蔵する地図データに切り替えて使うこともできるという。もちろん、レストランなどのオススメ情報や、ガソリンスタンドの情報など、ガイド機能にも対応。天気予報やニュースサイトにも接続できる。

インターネットに常時接続できると言うことで、インターネットラジオやYouTubeへの接続も可能にしていたのだ。つまり、このシステムではカーナビ機能だけでなく、AVなどのエンタテイメント機能についてもインターネット接続のメリットを最大限に活かしているのだ。この日のデモでは、私が「日本から来ている」と告げると、日本で放送されている東京FMのインターネットラジオに接続してみせた。接続までにやや時間がかかるのはインターネットラジオの常だが、カーAVにおいてもネット時代を反映した利用方法が実感できたのは興味深かった。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集