【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン

自動車 ニューモデル モーターショー

【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】スパイカー…公道を走るルマンマシン
スパイカーは19日、ロサンゼルスモーターショーで『C8』の「ラヴィオレットLM85」を発表した。ルマン24時間耐久レースのGT2クラスに参戦していたマシンを、ほぼそのまま公道仕様とした究極のスポーツカーだ。

スパイカーカーズ社は1997年にオランダに設立。かつてのスパイカーの商標を買い取り、2000年からスポーツカーをハンドメイド生産している。2006 - 07年はF1への参戦も果たした。

同社初の市販スポーツカーとして2001年に投入されたのがC8。クーペの「ラヴィオレット」とオープンの「スパイダー」の2ボディがある。そのC8をベースに2002年からルマン24時間レースへ参戦。FIA・GT選手権やALMS(アメリカンルマンシリーズ)でも活躍中だ。

ラヴィオレットLM85はその名の通り、ルマンマシンのストリート仕様。アウディ『S8』用の4.2リットルV8エンジンをミッドシップに搭載し、最大出力400ps、最大トルク48.9kgmを絞り出す。

アルミスペースフレームの上に載せられるオレンジ+ブラックのボディは、こちらも軽量なアルミ製。サイドドアはガルウィング式で、リアにはカーボン製スポイラーを装着。ボディサイズは全長4185×全幅1880×全高1245mmで、車重は1275kgに抑えられた。パワーウェイトレシオは3.2kg/psと一級の数値をマークする。

最高速度300km/hを支えるブレーキはAPレーシング製の6ピストン。タイヤは前235/35R19、後ろ265/30R19サイズを装着する。ミッションはゲトラグ製6速MTだ。

室内はブラックレザー+アルカンタラの組み合わせ。至る所にアルミ素材がむきだしとなっており、スパルタンな雰囲気を演出している。

スパイカーカーズ社は「24台を限定生産する」と発表。24名のオーナーにはシリアルナンバーが刻まれた特製クロノスイス腕時計が贈呈されるほか、2009年のルマン24時間レースをVIP待遇で観戦できる特典が用意される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集