川崎重工、ニューヨーク地下鉄140両を追加受注

自動車 ビジネス 企業動向

川崎重工業は、ニューヨーク市交通局(NYCT)から地下鉄電車「R160」140両を追加受注したと発表した。受注金額は約2億7500万ドル(約270億円)で、納期は2010年3月の予定。
 
今回の受注は、2002年10月にフランスのアルストム社と共同で受注したベース契約660両に付随するオプション契約382両が行使されるもの。すでに2007年7月、最初のオプションとして260両を追加受注しており、川崎重工のR160受注総数は累計で660両となる。
 
このプロジェクトで川崎重工は、R160の車両設計と660両の車両製作を担当する。また、台車については、アルストム社製車両を含む、受注した全てのR160車両、1662両に川崎重工製の台車が採用されている。
 
R160地下鉄電車は、ステンレス車体に、高い制御装置や空調装置、ドア開閉装置、放送装置などを備え、安全性や快適性に配慮した車両。車両構体製作をリンカーン工場で、機器取付けと最終組立て、試験をヨンカース工場でそれぞれ行い、順次NYCTに納入する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集