【アウディ A4 試乗】スタイリングとメカニズムの調和…萩原秀輝

試乗記 国産車

『A4』のデザインが激変した。一言でいえば、スマートになったのだ。ボディサイズが大きくなり、伸びやかさが得られたことも一因になる。だが、主因は別にある。

ボディ全長に対するホイールベースの割合が、約60%に達していることを見逃してはならない。ちなみに、従来モデルの割合は約58%だがこの2%の差が大きい。ホイールベースが長くなったことで踏ん張り感が増した一方で、相対的にオーバーハングが短くなったので軽快感が表現できているのだ。

そもそも、ホイールベースが伸びたのはエンジンの搭載位置に対するフロントアクスルの位置を従来モデルと比べて154mm前寄りにする新設計のパワートレインを採用したからだ。当然、フロントアクスルを基準にすればエンジンの搭載位置が後退したことになるので、前後重量配分が改善される。結果的に、A4はクルマが自ら曲がりたがっているような小気味よいハンドリングを獲得しているのだ。

ただし、A4はFFが基本となるのでフロントの荷重を減らすとタイヤが路面に駆動力を伝えにくくなる。だが、そうはいってもフロントの荷重は2%ほど少なくなっているだけなので「1.8TFSI」の場合はまったく問題にはならない。「3.2FSI」は、クワトロを採用するので十分な駆動力の確保が可能なのだ。こうした、まさにデザインの美しさとメカニズムがもたらす機能が完ぺきに調和していることこそA4ならではの見所といえる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

萩原秀輝|モータージャーナリスト
在学中よりフリーランスのモータージャーナリストとして活動、同時期からツーリングカーレースに参戦、優勝経験がある。「クルマの走り」と「ドライビングの理論」について深い洞察力を持つ。評価に当たっては「乗る人の利益を前提として、それがどう満たされているかを見出す」。メーカーが主催する安全運転教育の講師の経験も多い。
《萩原秀輝》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集