【マツダ アテンザ 試乗】全方位進化でキャラクター薄まる…島下泰久

試乗記 国産車

【マツダ アテンザ 試乗】全方位進化でキャラクター薄まる…島下泰久
  • 【マツダ アテンザ 試乗】全方位進化でキャラクター薄まる…島下泰久
  • 【マツダ アテンザ 試乗】全方位進化でキャラクター薄まる…島下泰久
  • 【マツダ アテンザ 試乗】全方位進化でキャラクター薄まる…島下泰久
  • 【マツダ アテンザ 試乗】全方位進化でキャラクター薄まる…島下泰久
  • 【マツダ アテンザ 試乗】全方位進化でキャラクター薄まる…島下泰久
初代マツダ『アテンザ』は快活な見た目と走りで30 - 40歳代の若いユーザ−に支持されたが、新型はそれに加えて、セダン購買層の中心である50歳代以上まで取り込むことが至上命題とされたという。

エレガンスを強調した外観やクオリティ感を高めた内装には、まさにそうした狙いがよく表れている。

走りについても同様だ。電動アシストとされた軽い操舵感のステアリングを切り込むと、先代のような演出過多なほどの鋭さは感じさせず、しっとりとロールしながら正確無比に向きを変えていく。

2.5リットルとされたエンジンも取り立ててパワフルではないが、静粛性が高まりストレスなく踏んでいける。要するに質の高いスポーティ性を手に入れているといっていい。

目下の課題は、もっとも重視すべきセダンの乗り心地が今ひとつなこと。また全方位への進化がアテンザそのもののキャラクターを希薄にしている感があるのも気になるが、総じて見て、心地よく付き合えそうなクルマに仕上がっている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

島下泰久│モータージャーナリスト。
クルマの基本である走りの楽しさから、それを取り巻く諸々の社会事象、さらには先進環境・安全技術まで、クルマのある生活を善きものにするすべてを守備範囲に、専門誌から一般誌、各種ウェブサイトなどに執筆。著書に『極楽ガソリンダイエット』(二玄社刊)。
《島下泰久》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集