マッサ、あと一歩及ばずも「誇りに思う」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ブラジルGP(2日決勝)で完勝を収めながら、最終ラップでほぼ手中に収めていたタイトルを逃してしまったフェリペ・マッサが心境を語った。

「レースは完璧だったよ。最初と最後が雨という難しい天候にもかかわらず、すべてが素晴らしかった。僕が予想していた以上のもの、100%を超える、これまで以上のサポートをしてくれたチーム、周囲の一同、そしてこのレースをのことを僕は心から誇りに思っている」

「僕にとっては本当に感動的な1日だった。みんなが側にいてくれて、チャンピオンシップのラストをパーフェクトに飾ってくれた。それだけにルイスがグロックをパスしたと聞いたときには本当に複雑な気分だったよ」

「でも、これがレースというもの。チェッカーフラッグを受けた時にレースは終了した。僕たちはこの勝利を誇りに思わないといけないと思う。残念ながら1ポイントでタイトルを逃したけれど、これがレースだからね」

「僕たちがやってきたことや今回のレース、チャンピオンシップでの僕らの戦いを誇りに思うべき。勝ち方も負け方も学ぶことができた。これほど多くを学べたのだから、本当に感動的な1日になったよ」とマッサはコメントしている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集