BASF、高耐熱樹脂 ウルトラミッド の量産化を開始

自動車 ビジネス 企業動向
BASF、高耐熱樹脂 ウルトラミッド の量産化を開始
  • BASF、高耐熱樹脂 ウルトラミッド の量産化を開始
  • BASF、高耐熱樹脂 ウルトラミッド の量産化を開始
独BASFはこのほど、高耐熱性樹脂『ウルトラミッドA3WG10 CR』の量産化を開始した。同製品はプジョー『308SW』の車体用インサート材として初めて採用され、従来のものより軽量なのはもちろんのこと、耐久性と強度に優れている。

しかも、BASFのCAE解析技術であるガラス繊維配向の影響を考慮した「連成シミュレーション」により、その機械的特性が正確に把握できるようになっており、衝突ふ化を受ける部品の設計や機能性評価をコンピュータ上で行うことも可能になる。

プジョー308SWでは、テールゲートのヒンジ部の構造用部材に、プラスチック骨格と2個の金属タブ、シーカリインフォーサー製の発泡体からハイブリッド構造体が採用された。これによって、車体構造の補強、エネルギーの吸収、局部的な剛性が一段とアップすることになったという。

BASFでは、「ウルトラミッド」が車両の軽量化で突破口的な素材となると見ており、今後、欧州メーカーを中心にその採用が広がっていきそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

  • 東芝、シリアルATA採用の車載用HDDを量産化 画像 東芝、シリアルATA採用の車載用HDDを量産化
  • シャープ、葛城工場で薄膜太陽電池の新ラインが稼動 画像 シャープ、葛城工場で薄膜太陽電池の新ラインが稼動
  • 三井金属、マレーシアで電解銅箔を生産する第2工場を建設へ 画像 三井金属、マレーシアで電解銅箔を生産する第2工場を建設へ

特集