【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生

自動車 ニューモデル モーターショー

【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生
  • 【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生
  • 【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生
  • 【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生
  • 【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生
  • 【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生
  • 【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生
  • 【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生
  • 【パリモーターショー08】ランボルギーニ初の4ドアスポーツカー 誕生
ランボルギーニは10月2日、パリモーターショーで『エストーケコンセプト』を初公開した。ランボルギーニ初の4ドア、4シーターのスポーツサルーンで、最大出力560psの5.2リットルV10を搭載。4年以内に発売されるという。

エストーケとはスペイン語で「闘牛剣」の意味。その名にふさわしく、4ドアで全長は5150mmもありながら、ワイド&ローのシャープなスタイリングを構築している。

目を引くのは世界限定20台のスーパーカー、『レヴェントン』を思わせるフロントバンパー。大型のエアインテークがアグレッシブな表情を演出している。LED式ヘッドランプは『ガヤルド』や『ムルシエラゴ』とは異なり、横長の薄型デザイン。圧巻はリアフェンダーのボリュームで、4ドアとは思えないマッシブな雰囲気を醸し出している。テールランプもヘッドランプと同様に薄型でまとめられた。

ボディサイズは全長5150×全幅1990×全高1350mm。メルセデスベンツ『Sクラス』よりも、全長は75mm長く、全幅は120mmワイド、全高は135mm低い。ホイールベースは居住性を確保するため、3010mmと長めに取られている。

フロントミッドシップに置かれるエンジンは「ガヤルドLP560-4」の5.2リットルV10。最大出力560psは4輪を介して路面に伝えられる。将来はV8ガソリンハイブリッドやV12ターボディーゼルの搭載も計画されている。また、アルミスペースフレームのシャシーは次期アウディ『A8』用と基本を共有しているようだ。

ナッパレザーを使ったインテリアは、スポーティ&ゴージャスな空間。後席は独立2座。全高は1350mmと低いが、ロングホイールベースのおかげで優れた居住性を実現しているという。トランクにはゴルフバッグ3セットが積載できる高い実用性も兼ね備える。

エストックコンセプトは4年以内に市場に投入予定。年間3000台程度が生産される見込み。ポルシェ『パナメーラ』、アストンマーチン『ラピード』など、開発中の4ドアスポーツカーと真っ向からぶつかるモデルになりそうだ。

編集部注:車名のEstoqueの日本語表記を「エストーク」などとしたのは、とりあえず英語読みにしたもの。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集