トヨタ、環境省に FCHV-adv をリース販売

エコカー 燃費
トヨタ、環境省に FCHV-adv をリース販売
  • トヨタ、環境省に FCHV-adv をリース販売
トヨタ自動車は、新型燃料電池ハイブリッド車『トヨタFCHV-adv』を9月1日、環境省にリース販売(限定)すると発表した。

今回リース販売するトヨタFCHV-advは、低温始動性や航続走行距離をより向上させ、今年6月に国土交通省から型式認証を取得した車両。リース価格は月額84万円で、期間は30か月。

今回の環境省へのリース販売は、前モデルの「トヨタFCHV」に続いての契約で、同社では今後も政府関係のほか、地方自治体、エネルギー関連企業などにリース販売する計画。

トヨタは、燃料電池自動車の一般への普及に向け、リース先の様々な使用実態から得られたデータを検証し、自社開発の高性能燃料電池「トヨタFCスタック」の耐久性向上やコストを低減するための研究開発を進めるとともに、国やエネルギー業界などの関係機関とも協力し、積極的に取り組んでいく構え。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集