【VW ゴルフ TSIトレンドライン 解説】エントリーモデルを感じさせない走り

自動車 ニューモデル 新型車
【VW ゴルフ TSIトレンドライン 解説】エントリーモデルを感じさせない走り
  • 【VW ゴルフ TSIトレンドライン 解説】エントリーモデルを感じさせない走り
  • 【VW ゴルフ TSIトレンドライン 解説】エントリーモデルを感じさせない走り
  • 【VW ゴルフ TSIトレンドライン 解説】エントリーモデルを感じさせない走り
  • 【VW ゴルフ TSIトレンドライン 解説】エントリーモデルを感じさせない走り
  • 【VW ゴルフ TSIトレンドライン 解説】エントリーモデルを感じさせない走り
  • 【VW ゴルフ TSIトレンドライン 解説】エントリーモデルを感じさせない走り
  • 【VW ゴルフ TSIトレンドライン 解説】エントリーモデルを感じさせない走り
フォルクスワーゲン『ゴルフ』に7速DSGと1.4リットルターボを搭載した「TSIトレンドライン」が設定された。従来、エントリーグレードは1.6リットルの直噴エンジンを搭載した「ゴルフE」というモデルだったが、今回のグレード改良からそれに代わり登場した。

TSIトレンドラインには今までの「ゴルフGT」や「TSIコンフォートライン」に搭載されていた1.4リットルのスーパーチャージャーとターボを組み合わせたツインチャージャーではなく、トレンドラインから初めて採用された新開発の1.4リットルのターボエンジンを搭載。トランスミッションも従来の7速DSGではなく、新開発の乾式クラッチを持つ7速DSGが採用されている。

VWジャパンマーケティング統括部の山崎信雄さんは「トレンドラインに搭載されるTSIエンジンは、今までの2リットルエンジンに代わるツインチャージャーのエンジンとは違い、1.6リットルクラスをカバーするための新開発のターボエンジンです」

「トランスミッションもトルク容量の少ないエンジン向けに新開発された7速DSGを採用し、燃費性能に関しても従来の1.6リットル比べて約20%も向上しています。トレンドラインの価格はゴルフEの3万円高に抑えていますので、従来のモデルを上回るセールスを見せてくれると思います」とコメント。

実際にトレンドラインの走りはかつてのゴルフEよりも、はるかにパワフルで7速DSGの変速制御もスムーズだ。この力強い走りには、もはやゴルフのエントリーモデルというイメージはない。これだけ秀逸なパワートレインを搭載しながら、248万円(5ドアHB)/259万円(ヴァリアント)という価格設定は非常に魅力的だ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集