【トヨタ iQ プロト試乗】1.4ディーゼル+6MTなら買うかも…島下泰久

試乗記 国産車
【トヨタ iQ プロト試乗】1.4ディーゼル+6MTなら買うかも…島下泰久
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】1.4ディーゼル+6MTなら買うかも…島下泰久
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】1.4ディーゼル+6MTなら買うかも…島下泰久
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】1.4ディーゼル+6MTなら買うかも…島下泰久
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】1.4ディーゼル+6MTなら買うかも…島下泰久
  • 【トヨタ iQ プロト試乗】1.4ディーゼル+6MTなら買うかも…島下泰久
トヨタ『iQ』プロトタイプの第一印象は、だいぶこなれてしまったなというもの。コンセプトカーの斬新さは薄れて、随分トヨタ車っぽくなった。とは言いつつも、やはりこのプロポーションである。街を走り出せば、十分目をひくには違いない。

一方で走りは期待を大きく上回った。ステアリングの操舵感もサスペンションの動き方も、どれもが従来とはちょっと違う。クラウン以降の新しいトヨタ車の、乗り手とクルマの意思疎通がしっかり図れる走りの世界が構築されつつあり、気持ち良かった。そこを若干スポイルしてしまうCVTではなく、1.4リットル・ディーゼル+6速MTが日本でも売られたら買ってしまうかもというくらい気に入った。

ただし値付けとクオリティのバランス、どうやらネッツ店らしい販売チャンネル等々、売り方がせっかくの斬新さやハードウェアの魅力をスポイルすることになりそうなのは残念。こういうクルマでこそ、革新の意思をユーザーにも伝わるよう貫いてほしいのだが。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

島下泰久│モータージャーナリスト。
クルマの基本である走りの楽しさから、それを取り巻く諸々の社会事象、さらには先進環境・安全技術まで、クルマのある生活を善きものにするすべてを守備範囲に、専門誌から一般誌、各種ウェブサイトなどに執筆。初の著書『極楽ガソリンダイエット』(二玄社刊)発売中。
《島下泰久》

編集部おすすめのニュース

特集