シボレー クルーズ 2010年販売へ

自動車 ニューモデル 新型車

シボレー クルーズ 2010年販売へ
  • シボレー クルーズ 2010年販売へ
  • シボレー クルーズ 2010年販売へ
  • シボレー クルーズ 2010年販売へ
  • シボレー クルーズ 2010年販売へ
  • シボレー クルーズ 2010年販売へ
  • シボレー クルーズ 2010年販売へ
GMはオハイオ州ローズタウンの工場を3億5000万ドルかけて全面改装し、2010年から発売予定のシボレー『クルーズ』の生産体制を整える予定。GMによるとクルーズ生産のための総投資費用は5憶ドルに上るという。

ローズタウン工場は現在シボレー『コバルト』などを生産しており、年間33万台の生産能力がある。クルーズは将来コバルトの後継モデルとなるコンパクトカーで、09年にアジア、ヨーロッパで販売が始まるが、アメリカ国内での販売開始は2011年となる。

コバルトはガソリン高によるコンパクトカー人気で今年7月には16.4%の売り上げ増を記録した。

クルーズは今年のパリモーターショーでデビュー予定で、そのデザインコンセプトは「革命的というより大胆なデザインアプローチ」だという。

元々GMグローバルデザインチームによって開発され、アジア・ヨーロッパ向けの戦略車だったが、現在では「燃費の面で業界リーダーとなる車」を目指し、米国内での販売の牽引と なることが期待されている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集