パトカーが違反車追跡で逆走、順走のバイクと正面衝突

18日夜、東京都世田谷区内の都道(通称:環状7号)で、交通違反車両の追跡を行おうとした警視庁・北沢署のパトカーが対向車線に進出、逆走を開始したところ、順走してきた原付バイクと正面衝突した。バイクの男性が重傷を負っている。

自動車 社会 社会
18日夜、東京都世田谷区内の都道(通称:環状7号)で、交通違反車両の追跡を行おうとした警視庁・北沢署のパトカーが対向車線に進出、逆走を開始したところ、順走してきた原付バイクと正面衝突した。バイクの男性が重傷を負っている。

同署によると、事故が起きたのは18日の午後9時25分ごろ。世田谷区代田3丁目付近の都道を43歳の巡査部長が運転する同署パトカーがパトロールしていたところ、Uターン禁止の場所で転回したクルマを発見した。

パトカーは容疑車両追跡のために対向車線側へ進出。約25mに渡って逆走する状態となったが、この際に対向車線を順走してきた39歳男性の運転する原付バイクと正面衝突した。バイクは転倒し、運転の男性は胸部強打の重傷を負った。違反車両は混乱に乗じて逃走した。

警察ではパトカーを運転していた巡査部長から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。パトカーの助手席に同乗していた34歳の巡査長にケガはなかったという。

現場は片側2車線。当時、パトカーは都道と交差する区道に停車。違反車両を確認してから発進した。赤色灯は使用していたが、サイレンは鳴らしていなかったとみられる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集