アウディ RS6 アバント…パワーを手なづけるシャシー性能

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ RS6 アバント…パワーを手なづけるシャシー性能
  • アウディ RS6 アバント…パワーを手なづけるシャシー性能
  • アウディ RS6 アバント…パワーを手なづけるシャシー性能
  • アウディ RS6 アバント…パワーを手なづけるシャシー性能
  • アウディ RS6 アバント…パワーを手なづけるシャシー性能
  • アウディ RS6 アバント…パワーを手なづけるシャシー性能
アウディが9月からデリバリーする『RS6アバント』、シャシー性能は580PSを発揮するパワフルなエンジンに負けないぐらい秀逸な性能を持っている。

サスペンションには、先代RS6や『RS4』にも採用されているDRC(ダイナミックライドコントロール)を採用。これは対角線上にある車輪のショックアブソーバーが2本のオイルラインとセントラルバルブで結ばれており、コーナリング中は左右、加速中は前後の減衰力を瞬時に変更してボディの傾きを抑えるというもの。

これによりコーナリング中のロールは最小限に抑えられ、安定した旋回性能を発揮し、それでいながらも普段の乗り心地は20インチタイヤを履いているとは思えぬしなやかさがある。さらに、DRCにはオプションで3ステージのダンピング調整が可能なDRCプラスを選ぶことが可能。DRCプラスでコンフォートを選べば、より快適な乗り心地を提供してくれる。

やや後輪寄りに設定されたクワトロシステムのトラクション能力も素晴らしく、ウェット状態の富士スピードウェイでも安心してスポーツドライビングを楽しむことができた。ESPの介入もナチュラルなので、ESPを効かした状態でもスポーティな走りが体感できる。

もちろんブレーキ性能も強化されており、240km/h以上の速度からでも安心してフルブレーキングを行える剛性感のあるブレーキタッチを実現している。

アウディジャパン マーケティング部の青木徹さんは「RS6アバントは非常にパワフルなパワートレインを搭載していますが、それに合わせて足回りやボディにも専用のチューニングを施し、パワーを手なづけるシャシー性能を持っております」とコメント。

実際に、RS6アバントのシャシー性能は強力なパワーを、安心かつ容易に使いこなせる懐の深さを持っている。ここまでのパワーを上手く手なづけることができたのも、クワトロを採用しているアウディだからこそ実現できたに違いない。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集