パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化
  • パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化
  • パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化
  • パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化
  • パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化
  • パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化
  • パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化
  • パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化
  • パナソニック ストラーダ、ミドルクラスもワイドVGA化
パナソニック オートモーティブシステムズ社は21日、同社製カーナビのミドルクラスモデルの新製品『CN-HW830D』と『CN-HW800D』の2機種を発表した。発売は9月12日で、価格は830Dが24万9900円と800Dが23万9400円。

HW830D/800DはOSに「Windows Automotive」を採用。今年5月に発表したハイエンドクラス『Fクラス』に準じたナビ機能を有している。

内蔵される地上デジタルチューナー(フルセグ対応)はFクラスの4チューナー/4アンテナに対し、2チューナー/2アンテナとなるが、Fクラスと同様の高精細なワイドVGAモニターをミドルクラスとしては他社に先駆けて初搭載。優れた画質を堪能できるようになった。

HW830DはBluetooth(ブルートゥース)を使ったワイヤレス通信に対応。携帯電話を介し、家庭内に設置したネットワークカメラの映像を確認できるホームリンク機能も採用している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集