【夏休み】自動車専門雑誌とヒストリックカー展

自動車 社会 行政

【夏休み】自動車専門雑誌とヒストリックカー展
  • 【夏休み】自動車専門雑誌とヒストリックカー展
  • 【夏休み】自動車専門雑誌とヒストリックカー展
  • 【夏休み】自動車専門雑誌とヒストリックカー展
  • 【夏休み】自動車専門雑誌とヒストリックカー展
  • 【夏休み】自動車専門雑誌とヒストリックカー展
  • 【夏休み】自動車専門雑誌とヒストリックカー展
  • 【夏休み】自動車専門雑誌とヒストリックカー展
トヨタの無料自動車アミューズメント施設メガウェブ(東京・お台場地区)のヒストリーガレージでは、現在、「自動車専門雑誌とヒストリックカー展」を開催中だ。約30誌に及ぶ自動車雑誌の編集長がピックアップしたヒストリックカーを、そのコメントともに展示している。

展示車輌の主だったところでは、「MZ11」型トヨタ『ソアラ』(81年)、輸出仕様「MF12」型トヨタ『2000GT』(67年)、ロータス『エランS4』(72年)、アルファロメオ『ジュリア スパイダー(デュエット)』(66年)、シボレー『コルベット・スティングレイ』(63年)、キャディラック『シリーズ62』(59年)、フォード『マスタング』(64年)など。常設の車輌として、「K111」型スバル『360』(66年)や「AE86」型トヨタ『カローラレビン』(83年)、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で有名なデロリアン『DMC 12』(81年)なども見られる。

各雑誌の編集長のコメントと顔写真の掲載されたパネルは、各車の脇に立ててあるので、愛読誌の編集長の思い出の1台、憧れの1台に対する想いとともに、ノスタルジックカーを鑑賞してみてはいかがだろうか。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集