富士重、中間期業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

富士重、中間期業績見通しを上方修正
  • 富士重、中間期業績見通しを上方修正
富士重工業(スバル)は、2008年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。売上高は7400億円と前回予想を据え置き、営業利益を10億円から80億円に上方修正した。

第1四半期や最近の為替動向が期初の予想よりも円安で推移していることや、自動車事業部門で海外市場でモデルミックス改善が見込まれることによるもの。

経常利益も5億円を見込んでいたが60億円となる見通し。中間期純利益は据え置いた。

通期連結業績見通しは、国内外で市場環境が厳しくなる中で、原材料価格の上昇懸念や為替動向も不透明なため、前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集