ノーヘルで捕まるとヘルメットがもらえる!

自動車 社会 行政
ノーヘルで捕まるとヘルメットがもらえる!
  • ノーヘルで捕まるとヘルメットがもらえる!
「ノーヘル」で捕まったライダーに、もれなくヘルメットをプレゼントします---。イタリア南部プーリア州のバリ市役所が、こんなキャンペーンを打ち出した。7月7日から9月30日までの約3か月間、市内でヘルメット着用義務違反で検挙された2輪運転者が対象となる。

反則金70ユーロ(約1万1000円)および当該車両の60日間運行禁止と引き換えに、ヘルメットが贈呈される。市の説明によればヘルメット購入費用は反則金で充当するため、市予算からの「持ち出し」はゼロという。

イタリアにおける原付2輪のヘルメット着用化は遅く、すべての年齢に義務づけられたのは2000年3月だった。義務化後のヘルメット着用普及率には、明らかな地域差が生じた。

北部・中部では取り締まりが徹底されたことや、ヘルメット着用を嫌ってバイクの運転をやめた利用者がいたことなどで、着用率は飛躍的に向上した。いっぽう南部では取り締まりが徹底されていないことなどから、今日でもヘルメット非着用が多くみられるのが実情だ。

今回提供されるヘルメットは、ここ数年イタリアで流行中のMOMO DESIGN製に似た艶消しブラック。市議会の一部会派からは、「法を無視した者に、贈り物はいかがなものか」との反対意見も出た。ただしヘルメット表面には市の紋章が入っているので、着用すれば違反したことがバレバレになってしまうのは事実だ。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、シートベルト着用啓発小冊子を配布 画像 ホンダ、シートベルト着用啓発小冊子を配布
  • 【伊東大厚のトラフィック計量学】シートベルト着用効果の分析 画像 【伊東大厚のトラフィック計量学】シートベルト着用効果の分析
  • チャイルドシート、5年ぶり着用率が5割超える…JAFと警察庁調査 画像 チャイルドシート、5年ぶり着用率が5割超える…JAFと警察庁調査

特集