FIAが2009年にもF2カテゴリーを立ち上げ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

FIAがF1入りを目指すドライバー育成のために新カテゴリーを設立することを発表した。このチャンピオンシップの名称は「フォーミュラ2(F2)」で、2009年からの開始を目指すという。

現在F1直下にはGP2が存在しているが、こちらの年間活動予算はマシン1台につきおよそ130万ユーロ(約2億2000万円)と決して安くはない。このため経済的な後ろ盾を持たないドライバーはいくら才能があってもF1にたどり着くことはできないのが現状。

そこでFIAはシーズン毎の予算をマシンにつき20万ユーロ(3400万円)に制限するという。ただしGP2との関係や、使用されるマシンなどの詳細はまだ決まっていない。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集